業界の近代化を促進します

毎月の保険証の確認は徹底しておりますか?【メディックスメールマガジン】vol.192

◆━━━◆~ひとと社会を、もっともっと健康に。~
┃【メディックスメールマガジン】vol.192
◆━━━◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

こんにちは!メディックス計算センターです。
メディックスメールマガジンをご愛読いただきましてありがとうございます。

突然ですが、保険証は毎月確認をおこなっておりますか?

保険者返戻で最も多い返戻理由は資格喪失と記号番号誤りです。

毎月の患者様の保険証確認は治療院の義務とも言えます。

最近は新型コロナウイルスの影響などもあり急に勤め先が変わる患者様もいらっしゃる中、今まで以上に保険証の変更が発生すると
予想されます。

保険者変更によるレセプトの返戻対策として、今一度毎月の保険証確認を徹底してください。

また民間の信用調査会社、帝国データバンクによりますと、新型コロナウイルスの影響で売上が減少するなどして経営が行き詰まり、破産などの法的手続きをとって倒産した企業は、今月8日15時の時点で全国で227件となりました。

内、法的整理が152件、事業停止は75件になります。

患者様のお勤め先の倒産、転職や退職をきっかけに保険証が変更されたのにも関わらず、確認をしないでそのまま請求を行った場合は
確実に返戻となりますので注意が必要です。

緊急事態宣言が解除され、休業要請などの緩和の段階が「ステップ2」に進んだばかりではありますが、経済的にもまだまだ立ち直ったとは言えない現状があります。

普段とは違う状況だからこそ、普段の運営を見直して院の運営を強化していくには絶好のチャンスともいえるのではないでしょうか。

帝国データバンクデータ:https://www.tdb.co.jp/tosan/covid19/index.html
※上記ページのデータは常に最新のものに更新されていきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【メディックスメールマガジン】は
メルマガ会員の皆様に
お役に立つ情報を発信し続けて参ります。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

〒101-0063
東京都千代田区神田淡路町1-1-1 
KA111ビル